車を安く買う

中古車販売店は競合させることはできるのか?

中古車は前述してきたように、それぞれに車の状態や程度がちがうために、価格の比較が難しいものです。

 

たとえ、あなたが他の中古車屋さんで、車を見つけてきていても、相手は価格に関してはそれほど動揺はしません。

 

「うちのは程度がいいから、若干、価格は高くなるよ」と言われればそれまでだからです。

 

これは、言い方を変えれば売る価格は相手が好きに決めているということです。

 

場合によっては、とても状態が良い車なのに、とんでもなく安く売られていることもあるでしょうし、さほど程度が良くない状態であっても、かなり高い価格がつけられていることもあります。

 

つまり、あなたが価格を参考に程度の良し悪しを決めるのは、かなり危険です。

 

中古車販売店はあなたに売りたい

 

ですが、販売店にとってもっとも好ましいのは、あなたに車を買ってもらうことです。他の車を見ていることを伝えれば、価格には動揺せずとも、そちらで買われるのは嫌だという思いに変わりはありません。できることならうちで買って欲しいと・・。

 

他にもいくつか車を見て回ってることを伝えるのは、結局のところ、競合になりうるんですね。

 

比較して値引きをするのは難しいので、相手に妥協してもらって価格を下げるしかありません。ですから、車を見にいってもその場で購入するようなことはしないでおきましょう。

 

一旦、家に帰って、相手が妥協してくるのを待つのが、もっとも簡単なやり方です。あなたが帰ったあとにも、販売店はこんなことを考えています。

 

・この車はこの価格で他にお客さんがつくだろうか?
・帰ってしまったけれど他で車を決めてしまわないだろうか?
・いくらまで安くしても大丈夫だろうか?

 

転売するくらいなら、安くてもあなたに買って欲しいと思ってもらえるように時間を上手に使いましょう。

 

優秀でない営業マン

 

中古車販売店を後にすると、しつこく電話がかかってくる・・。と思っているのは間違いです。実際には、中古車屋さんはかなり人員をタイトにして動いていますから、少しでも売れているお店はかなり忙しいです。

 

しつこく電話がかかってくるほうがラッキーと思ってください。相手が勝手に妥協しながら、価格をどんどん下げてくれますから。

 

それほどコマメに電話をくれる人は優秀ですが、実際には、忙しいので一度帰ったひとには、見向きもしない人もいます。売れてるからではありません。自分がラクしたいばっかりにです(笑)

 

ですから、2,3度にわけて中古車屋さんに足を運ばないといけません。

 

次に行ったときには、予算の話をしながら、下取りの相談をしてみたりと少しずつ話題を小出しにしましょう。一度で全部しないように、1週間置きくらいのペースがいいでしょう。

 

下取りに関しては、相手にやりこめられると安く買えるものも安くならないので、注意が必要ですが。

 

こちらの記事を参考に →→ 下取り価格を極限までに引き上げる 

 

欲しい中古車はココで見つける

中古車探しはどこかで妥協しなくちゃいけない?そんなことはありません。欲しい車の条件を入力しておくだけ。あとは価格が納得できれば買えばいい!そんなサービスがコチラです。

>>ズバッとあなたの欲しい車を見つけます<<