下取り価格を高くするには

下取り価格を極限までに引き上げていたとんでもない裏ワザとは?

前回、プリウスを買いたいからフィットの査定に行った話を書いたんですが、このときに私はとんでもない裏ワザを使いました。

 

前回の記事はこちらをクリック

 

ホンダのお店からトヨタのお店に移動する途中に、鉛筆であることを書きました。

 

「下取り価格は120万円」

 

お店に行ったときに乗っていた車は、エスティマだったのですが、通常であればディーラーさんの下取りは、この時期で、100万円くらいでしょうか。

 

私は、これ以上にはなりようもない若干赤字になるほどの価格を自分で記入しておいたんですね。

 

嘘ついてるワケではありません。知り合いの買取店にいえば110万円なら買取してもらえる車でしたし、オークションでも120万円で落札される可能性もあります。

 

ただ、書いてるのは私ですけど。

 

新車の見積りは複雑すぎるから

 

新車の見積りは項目がいくつもあり、普通の方なら最後はワケがわからなくなります。とくに下取り価格は幅が数十万円も持たせてあることが多いです。

 

これは、もうこれ以上に値引きができそうにないときに、わざと下取り価格を安くしたり、高くしたりと、お客さんに車を安くしたと見てもらうために調整がしやすいからです。

 

ですから、私は最初から下取り価格が調整できないような見積書を、相手の目にはいるところに置きました。

 

下取りの査定のために車に向かった彼は、おそらくこの価格を見たでしょう。実際に彼は申し訳なさそうにこう言いました。

 

 

「下取りの価格なんですけど・・。うちでは100万円でいっぱいです・・」

 

私たちからは何も言ってないのですが、彼は「うちでは」と言ってきたんですね。もちろん、もう少しだけ高く買ってもらうことはできるでしょうけど、価格を自分で調べてきっと驚いたのは間違いありません。

 

これは、無理いって120万円で取ってもらいましょうなんて話ではありません。ですが、次にこのお店に来るときには、彼もめいっぱい高い下取り価格と、めいっぱい安い新車価格を印刷した見積り書を用意しておかなければ、自分のお店で車が売れるのか?という不安がつきまとうはずです。

 

この下取り縛りは、新車の購入の際にはぜひともやっておいて欲しいです。

 

でも私には自分の車がいくらで売れるのかわかりません

この頃は、私も車の仕事に携わっていたので、最新の相場も頭の中でかんたんに弾きだしていました。ですが、実際にこの真似をしようと思えば、自分の車の相場を適切に知らなければいけません。

 

欲張って、勝手に高い数字を書いてしまうと、自分で書いたものだと相手にバレてしまいます。絶妙な数字とは、なきにしもあらずな最高価格知ることです。

 

今では、買取専門店などで、無料で査定を引き受けてくれます。2〜3社の買取店に相見積もりしてもらい、一番価格の高いところの価格を真似すれば大丈夫です。

 

インターネットのおかげで5分もあれば申し込みもできます。昔は一件一件、自分で電話をかけたりしていたものですが、便利になりましたね。

 

車検証だけは先に用意しておいたほうが早いので、

 

こちらのページをクリックしてお気に入りに入れておくと良いでしょう。

 

欲しい中古車はココで見つける

中古車探しはどこかで妥協しなくちゃいけない?そんなことはありません。欲しい車の条件を入力しておくだけ。あとは価格が納得できれば買えばいい!そんなサービスがコチラです。

>>ズバッとあなたの欲しい車を見つけます<<