タントの値引きは?タントを安く買う方法

タントの値引きは?

タントの値引きは8万円くらいのようです。

 

 

複数のディーラーで見積りを必ずしよう

 

まずは、タントの競合車種。人気の軽自動車でで競合車種の見積りをもらっておくこと。ワゴンRなどがいいでしょう。これは、買う気がなくとも、必要なものです。

 

「もっと安くして欲しい」と言うのは誰でも言えますし、営業マンからすれば、それは日常茶飯事です。あなたが思っているほど、相手はその言葉を親身に受け入れてはいません。

 

ですが、もしもあなたが競合車種の見積りを手にしていれば、立場は入れ替わります。ここで営業マンが頑張らないと、他のメーカーさんに、せっかくのお客様を取られてしまいますよね。

 

「ワゴンRののほうが・・決めかねてます」

 

見積書を実際に持っていれば、あなたは交渉が優位になります。

 

関連ページ:欲しい車が決まっていても他の車は見にいくべし

 

 

決めるなら月末!相手から来るのを待て

 

どんなお仕事でもそうですが、月末になるにつれて営業さんってのは、焦りが出てきます。予算を達成させるためには、車を売らないといけないからです。ディーラーに足を運べば、その後、ときおり電話がかかってくることもあります。特に月末になってかかってくる電話は、こちらにとっては都合がいいです。

 

あなたが、車を購入する気であれば、この時ばかりに、もっと値引きを要求してみてください。とにかく売らないといけない人ほど、機敏に要望に応えようと動いてくれるはずです。貰えるオマケやオプションを、できるだけ多くつけてもらいましょう。月末は値引きが大きくなるチャンスです。

 

下取り価格は徹底的に封じ込めるべし

 

ここが一番大切なんですが、下取り価格は徹底的に交渉しましょう。

 

新車の値引きなんてのは、誰がやっても同じくらいでしかなく、限度があります。隣の人のほうが10万円も安く買った!なんてことは絶対にありません。違いなんてせいぜい1〜2万円です。

 

ですが、下取り価格は、新車を値引きしてもらう以上に、時間を使って交渉が必要です。

 

タントは、せいぜい8万円の値引きが限度と思っていいのですが、中には15万円値引きしてもらったなんて人が居ます。

 

けれども、絶対にこんなことは起こり得ません。

 

これは、単に下取り価格の見積りが安かったに過ぎないんですね。30万円でも下取りできるであろう車を、15万円程度の価格で下取りできれば、売る側は、新車を20万円値引きしても痛くもありません。

 

新車の見積りを競合車種と比較するように、下取りする車も買取店などで事前に査定してもらうことが必要です。

 

実際に、ディーラーで車を購入する人の9割は、事前に下取り価格を調べることなく、あっさりとそれまでの車を手放しています。また、営業マンは、新車の価格の話をできるだけ引き伸ばしにして、あえて下取りの話は後回しにして短く終わらせようとしています。

 

そして多くの人は知らないことですが、買取店の査定価格は、ディーラーが最初に提示してくる下取り価格よりも、遥かに高額な場合がほとんどです。

 

「●●の買取店でこの車は△△万円で査定してもらってます」

 

こう言い切ることができれば、下取り価格も、もっと高くしてもらうことができるかもしれません。

 

ここで失敗しては、どんなに新車の値引きのための交渉を頑張っても、意味がなくなってしまうんですね。

 

参考ページ:下取り価格は極限まで引き上げる

欲しい中古車はココで見つける

中古車探しはどこかで妥協しなくちゃいけない?そんなことはありません。欲しい車の条件を入力しておくだけ。あとは価格が納得できれば買えばいい!そんなサービスがコチラです。

>>ズバッとあなたの欲しい車を見つけます<<